Play framework

ログ出力

Play!ではLog4jがすぐに使用できるようになっている。

目次

設定

  • 標準のLog4jの設定ファイルは、playがインストールされているフォルダ配下のframework/srcフォルダにある。
  • ここにあるlog4j.propertiesを直接編集しても設定を行うことができるが、アプリケーションのフォルダ内で行う方がスマート。
  1. このファイルをアプリケーションの設定ファイルを管理しているconfフォルダ内にコピーする。
  2. 設定内容を環境に合わせて変更する。
  3. 設定を反映させるには、サーバの再起動が必要。(ページの修正のようにはいかないので注意)
  • 以下、変更例。初期状態に加えて、ファイル出力を有効にしたもの。
    log4j.rootLogger=INFO, Console, Rolling
    
    log4j.logger.play=INFO
    log4j.logger.org.quartz=WARN
    log4j.logger.org.hibernate=WARN
    log4j.logger.DataNucleus=WARN
    log4j.logger.org.apache.commons.httpclient=ERROR
    log4j.logger.net.sf.oval.internal=ERROR
    log4j.logger.org.springframework=WARN
    
    # Console
    log4j.appender.Console=org.apache.log4j.ConsoleAppender
    log4j.appender.Console.layout=org.apache.log4j.PatternLayout
    log4j.appender.Console.layout.ConversionPattern=%d{ABSOLUTE} %-5p ~ %m%n
    
    # Rolling files
    log4j.appender.Rolling=org.apache.log4j.RollingFileAppender
    log4j.appender.Rolling.File=${application.path}/logs/application.log
    log4j.appender.Rolling.MaxFileSize=1MB
    log4j.appender.Rolling.MaxBackupIndex=100
    log4j.appender.Rolling.layout=org.apache.log4j.PatternLayout
    log4j.appender.Rolling.layout.ConversionPattern=%d{DATE} %-5p ~ %m%n
    ファイルの出力先は、アプリケーションフォルダ配下のlogs/application.log。フォルダ及びファイルは自動作成される。
  • 後半のRolling filesという部分がコメントアウトされていたのを解除。1行目のlog4j.rootLoggerにRollingを追加。

設定の切り替え

  • application.confに以下のように記述すると、フレームワークIDごとに異なる設定ファイルを読み込ませることができる。
    application.log.path=/log4j.properties
    %prod.application.log.path=/log4j.properties.prod
  • 本番環境でログの出力を制限したい場合や出力先ファイル置き場を変更したい場合に便利。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-20 (火) 13:28:56 (2521d)