Play framework

新規のプロジェクトでPlay frameworkを使うことになりそうなので、調査。

GoogleAppEngine向けの開発についてはコチラにもまとめています。

目次

特徴とか

  • RoR(Ruby on Rails)型のJava版といった紹介がされていることが多い。
  • 短期間でWebアプリケーションの基本的な部分を作れる、という特徴を持つ。
  • プログラムの修正に伴うサーバ再起動やデプロイが不要。ブラウザのリロードだけでOK。(WARエクスポート機能を使うこともできる)
  • JUnit、Selenium(セレニウム)*1というテストツールが標準で付属。
  • データベース操作で、Java Persistence API (JPA)が簡単に利用できる。

インストール

  • 本家サイトに、必要なもの一式がZIP書庫として公開されているので、それをダウンロードして適当なフォルダに展開する。
  • WindowsVista以降だとOS機能の影響を避けるために、ユーザーフォルダ配下に解凍するのが良さげ。
  • Play framework/動作確認
  • Play framework/動作確認2

開発

  • EclipseやNetbeansでの開発がすぐに行えるような仕組みが用意されている。
  • Play framework/Eclipseでの開発、Eclipseを使った開発環境の作り方、デバッグ方法、など。

データベース

テスト

ログ出力

デプロイ

  • Play!単体でもサーバ機能を持っているが、warファイルのデプロイも可能となっており、作成したアプリケーションを他のJ2EEサーバで稼働させることができる。
  • Google App Engineへのデプロイにも対応している。
  • デプロイ

サンプルプログラム

その他メモ

便利な機能拡張(モジュール追加)

  • モジュール作成?

リンク

http://www.playframework.org/
公式サイト
http://playdocja.appspot.com/
有志による日本語サイト
http://codezine.jp/article/detail/4750
CodeZine Javaで軽快に使える「軽量フレームワーク」特集〜本格的なRoRスタイルフレームワーク「Play!」

*1 Webブラウザを使ってWebアプリケーションをテストするツール。人がWebブラウザを操作する代わりにSeleniumがWebブラウザを操作してくれる。公式:http://seleniumhq.org/

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-10 (月) 11:44:10 (2198d)