EPS形式

  • PostScriptベースの画像形式で、ベクターデータとビットマップデータの両方のデータを含むことができる。
  • ベクターデータなので画像の拡大縮小での劣化が少ない。
  • http://ja.wikipedia.org/wiki/Encapsulated_PostScript
  • MS-Excelで画像ファイル挿入できるため、Adobeイラストレータで作成した画像を貼るときに重宝する。文字を含むデータの場合はフォントデータ埋め込むのではなく、全てベクターデータに変換する。

EMF形式への変換

  • ベクターデータならEPS形式よりもEMF形式の方がWindowsでは取り扱いやすい。
  • WindowsでのEMF形式への変換方法
    • GhostScriptをインストールする。
      http://www.ghostscript.com/ > downloaded here > GhostScript > Ghostscript x.xx for Windows (xx bit)
    • pstoeditをインストールする。
      http://www.helga-glunz.homepage.t-online.de/pstoedit/ > Download > binary for Windows xx bit
    • pstoeditからGhostScriptが呼び出されるので32bit/64bit環境をそろえておく。
    • コマンドラインよりpstoeditを実行する。
    • pstoeditは多くのオプションが指定可能だが、EPS⇒EMFであれば次のように指定する。
      pstoedit -f emf  h:\file.eps  h:\file.emf
    • pstoeditはコマンドラインツールなのでパスが通っていることが重要。
      今回はpstoeditのあるフォルダへ移動して、Hドライブのfile.epsを変換することを想定。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-21 (金) 12:54:04 (2490d)